割り勘に対する女性のホンネ

こんにちは。デートで「何が食べたい?」と聞かれたら必ず「お肉かチーズ!」と答える肉食系コラムニストの深芳唯子です。笑 

タイトルにもある通り、今日はいつの時代も男女の間で物議を醸す「割り勘」についてのお話です。 

周りのカップルはどうしているのか、本当は誰もが気になっているけれど、男性同士の集まりでもなかなか聞きにくいのがこの手のテーマ。 

ここからは、デートでの食事代を割り勘で払うことに対する女性心理をお伝えしていきます。 

女性の社会進出が進み、女性も男性と同等に仕事をこなしてキャリアアップが目指せるようになった今この時代。 

恋愛に対する考え方や思想も多様化し、デートでは男が奢るべき、というのは一昔前の風潮になりつつありますよね。 

しかし! 

「初デートでかなり好感触だったのに、割り勘にした後に連絡が返ってこなくなった…」 

「いつも男と対等でいたがる子だったのに、割り勘を切り出したら悲しげな顔をされた」 

そんな経験、身に覚えのある男性も多いのではないでしょうか? 

男が奢るべき、という考え方自体がナンセンスなのであれば、なぜこのような事態が起こるのでしょうか? 

実はそこには、男性にはわからない女性の本音と建前が深く関係しているのです。 

まずは、男性に見せている建前の部分。 

こちらでは女性側も半分払うのが当然というような態度で「割り勘でもいい?」と切り出す男性に対して「もちろん!私も払うよ」と答えます。 

しかし、この時女性が考えているのは割り勘の金額のことではありません。 

女性達が見ているのはずばり、男性側の「意識」。 

彼のお財布事情ではなくて、「気になる女性の前で格好つけようとする意識があるのかどうか」を見極めているのです。 

例えば、割り勘というと、どうしても男友達と一緒にいるような感覚に。 

恋愛を抜きにした純粋な男友達なのだから、向こうも女性扱いしてはくれないし、こちらからもカッコ良さやスマートさを期待したりはしません。 

部活やサークルの男友達と飲んだり、カラオケで夜通し歌い倒したりしたときには、女性だってきっちり男性と同じだけのお金を払います。 

でも、まだ付き合ってもない状態で、それも初めてのデートなんですよね。 

つまり核心にあるのは、「お金を出してもらいたい」ではなくて「カッコつけてほしい」「最初くらい見栄を張ってほしい」という女心なんです。 

そもそも女性達だって半分払うべきだということは重々承知しています。レストランや居酒屋で自分が食べた分の料金を支払うくらいでは、懐がそれほど痛むこともありませんしね。 

関係が深まって交際が始まってしまえば、ほとんどの社会人カップルの場合はデートでの割り勘が普通になるはず。 

ならせめて、気持ちが一番盛り上がっている初めてのデートでは少しくらい格好つけてほしい、と願うのが正直な乙女心ではないでしょうか。 

いくつになっても、女性はお姫様扱いや特別扱いにはめっぽう弱い生き物ですから。笑 

だからもし、割り勘にしたことで関係が壊れたりギスギスしてしまった時には、自分の前で格好つけようとしてくれないことに女性ががっかりしてしまった、という可能性が高いでしょう。 

こういった微妙な女性心理がなかなか男性には伝わらないので「図々しい」とか「浅ましい」とか言われがちですが、女性が男性のカッコいい姿を見たいと思うのはごく自然なことで。 

金銭的な負担をかけまいと女性を気遣ってくれる様子は、とてもわかりやすくカッコいい訳です。 

ではここで最後に、割り勘にまつわるちょっとした経験談をお話します。 

昔むかし付き合っていたKくん(仮名)は、女子が好きそうなお店を事前にリサーチしてくれるようなサービス精神旺盛な人で、初デートでは目黒の隠れ家的なお店に連れていってくれました。 

「素敵なお店に連れてきてくれてありがとう」 

感激してお礼を言うと、Kくんは眩しい笑顔で伝票を手渡してきました。 

「美味しかったね。はい、半分出せる?」 

それなりに高級なお店だったので当然と言えば当然ですが、伝票には諭吉さんが一人、二人、三人……。 

Kくんはあっけらかんと「俺もまだ学生だし、仕方ないよね〜」と。デートではそれが毎回続きました。 

その後の関係がどうなったかは皆さんのご想像にお任せしますが、私の懐がかなり痛かったのは事実です。笑 

しかしもちろん「私は金銭面でも男の人と対等に付き合いたい!」という割り勘派の女性もいます。 

それに、たとえ初デートで割り勘だったとしても、相手の男性が本当に魅力的だったらそんなことは気にならないかもしれません。 

だからこれは、恋愛の初期段階で女性の熱を下げてしまわないためのほんの些細なアドバイス。 

意中の女性との初デートでは、いつもよりちょっとだけ見栄を張ってみても損はないと思いますよ。