記念日に贈る女性へのプレゼントの選び方・渡し方

こんにちは ✨ マリアップガールの橘みさきです。

気がつけば12月も後半戦。シャンシャンシャン…♩鈴の音が聴こえてくる時期になりました。クリスマス直前の今回は「記念日に贈る女性へのプレゼントの選び方・渡し方」についてのお話です。

皆さんは、特別な人へ贈るプレゼント選びや渡し方に苦戦することがありませんか?クリスマスに限らず、誕生日や二人の記念日などプレゼントを選ぶ時期って案外多いですよね。

わたしはプレゼント選びが大好きです。好きな人との思い出を振り返り、相手への愛情を再確認する幸せな時間。相手が好きなもの、似合いそうなものは何だろう?渡した時の笑顔を妄想しながらプレゼントを選びます。

プレゼント選びって決して簡単なことではないですよね。プレゼントを選ぶ時、まず大切なことはリサーチ力です。では、何をリサーチするのか?

・相手の好きなもの/趣味を知る
・相手が欲しいと言ってたものがなかったか思い出す

こんなことを考えながらプレゼントを選んでいきます。ポイントは、女性の普段の行動や言動を普段から観察しておくこと。頭の片隅で、プレゼントのことを少しでも意識すると相手の望んでいるものが把握できるようになります。プレゼント候補が出たら、次はプレゼントとして適切かどうかを決めます。

プレゼントに欲しいものって沢山ありますよね。ただ、大切な人からもらって嬉しいものと自分で買いたいものって異なると思うんです。ここで、お互い一人暮らししているカップルを例に出しましょう。

女性は1Kの部屋に、男性は1LDKの部屋にそれぞれ住んでいるとします。ある日、女性が言いました。

女性
「あ〜…クイーンサイズのベッドが欲しい」

男性
(彼女と大きなベッドで添い寝したいな…)

記念日当日。もしも、彼女の家にサプライズでクイーンサイズのベッドが届いたとしたら・・・?

大袈裟な例を出してしまいましたが、女性は困り果ててしまいますよね(笑)。

では、どんなものがプレゼントに適しているでしょう?

・アクセサリー
・マフラー・手袋
・財布・ポーチ

身につけたり持ち運べるものは、彼の存在を感じられるものの一つ。通勤中、友達と出かける時など彼が近くに居ない時でも、彼の代わりにそばに居るような気持ちになれたりするんです。

・一言添えた手紙(手書き)

手紙に驚かれた方もいるでしょう。目の前でプレゼントを渡すんだからそんな面倒なことしなくても・・・。そう思うこともあるかもしれません。

大きな声で、お伝えします。

手紙をもらって喜ばない女性がこの世に居るのでしょうか?

文体から伝わる感情だったり、普段はあまり見ることのない筆跡!そんな些細なことに女性は萌えてしまうのです・・・。

(このご時世滅多に手紙を書きませんよね。好きな人の書いた文字の特徴、思い出せますか?)

ここまで目を通していただけたら、プレゼントの予測がついてきたのではないでしょうか?それでは、当日プレゼントを渡すタイミングについてお話ししたいと思います。

プレゼントを渡す適切なタイミングやシチュエーションはデートの場所によって変わって来るかと思います。無難なのはこの2つ。

・ディナーの途中
・食べ終わった後の散歩途中

ポイントは、ホッと一息つけるタイミングを見逃さないことです。デートで盛り上がっている頂点の時間帯ではなく、少し落ち着いた頃に渡すことによって良いムードが生まれます。

では、最後にイレギュラーな話。

もしも、クリスマスデート当日に大きな風邪をひいて会えなくなってしまったらプレゼントをどうするか?

・後日渡す
・当日、こっそり家に持っていく。
(ポストの中に入れるか玄関の前に置く。)

後日渡す場合がほとんどではないでしょうか?その際は、謝って渡すだけではなくユーモアの演出を一捻り入れるのはいかがでしょうか?

ユーモア(例)

プレゼントごと「お年玉」と書いた袋に入れてお茶目に渡す。(その時彼女に軽く怒られたとしても、「会いたかったよ・・・」とロマンチックなハグをすれば彼女の機嫌は直ります。)

お茶目なユーモアで相手の感情を揺さぶることは親密度をUPさせる方法の1つ。ただし、知性のあるユーモアに留めてくださいね。

二番目の当日プレゼントをこっそり持っていく作戦。これ実はわたしの実体験なんです。翌朝玄関を開けてプレゼントに気がついた時はとても驚きました(笑)。その「まさか・・・!」なサプライズに、インフルエンザの辛さも吹っ飛んでしまうほど嬉しかったですよ。(脳内で『恋人はサンタクロース』を熱唱!)

さぁ、本番はこれから。

皆さま、素敵なクリスマスを!

(文・橘みさき)