婚活の『見た目偏差値』を上げるのは思ったよりも簡単? 見た目で損をするのは一生の損!

目次

見た目で損している男性が多すぎる

なぜ、大人の男性にとってそのようなファッションが大切なのでしょうか?

服なんて着ていれば十分ですし、機能的なものを着るのが一番。そう考えている人も少なくないかと思います。

ひょっとしたら、わざわざファッションを磨く事に、あまり必要性を感じてないのかもしれません。

でもあえていえる事は「大人になった今だからこそ、ファッションはとても重要なものです。」

オシャレが苦手な人と関わる中で、いかにファッションで損をしている人が多いかを日々実感しています。

もちろん、外見よりも中身が大切なのは言うまでもありません。

ところが、人と初対面の際にはまず目に飛び込んでくるのはその人の外見です。

私たちは、その人の外見から多くの情報を得て、パーソナリティーを判断しています。

例えるなら、スーパーで買い物をしている時と似たような感覚です。

同じ食べ物でも、外側のパッケージ次第で美味しそうに見えたり、イマイチに見えたり、外側の情報で中身の味をなんとなく想像するものです。

ファッションという外側の情報で、その人がどんな人なのかを私たちは無意識の内に察しています。

・清潔感がない

・だらしない

・信用ができない

このように思われてしまうと、その後に挽回するのがとても面倒になってきます。

プライベートの場だけではなく、ビジネスシーンでも同じ事が言えます。

もっとも肝心な中身以外の「外側の情報」だけで、その人の印象が大きく変わってしまうのです。

もっとも大切な中身を誤解のないように伝える為には、ファッションをある程度整えておくことが大切になります。

自信がつくとコンプレックスもなくなる

コンプレックスを解消したいという目的で、ファッションに気を使い始める方も多くいます。

例えば身長が低い、または薄毛で悩んでいるなど、外見のコンプレックスを長年抱えている方にもファッションは大きな力を与えてくれます。

仮に身長が低くても、見せ方を変われば十分素敵に見せる事はできます。

体型や容姿などはすぐに変えられませんが、ファッションだったらその気になれば今日からでも
すぐに変える事が可能です。

ファッションが変わると何が変わるのか。

それは、先ほどの方々の様に、自分に自信が持てるようになるという事です。ファッションの変化は、私たちの生活に大きな影響与えるのです。

なぜ服が似合わなく感じるのか?

「最近、自分のファッションに違和感を覚えるようになってきた」

30
歳くらいから、このように感じる人が増えます。いつも通りのファッションのはずなのに、なぜか違和感がある、、、ファッションの悩みを抱える3040代男性がとても多いです。

学生時代はまだ若いので、何を着ても「それなりに様には」見えていたかと思いますが歳を重ねるとそうはいかなくなります。

体型の変化も大きな原因であり、肌の質感も変わります。

それも含めて若い頃のままではありません。ファッションだけはずっと変わらない人が多いのです。

そうすると、歳を重ねた自分と着ている服との間に大きなギャップが生じます。

これこそが、ファッションが似合わなく感じる一番の理由です。昔はそこそこファッションに気を配っていた人も、30代に入ると何を着ればいいのかが分からないという人も少なくありません。

社会人になってから10年以上の「ファッションブランク期間」がある為、今の自分に似合う物が分からなくなるのです。

20
代には20代に似合う服があります。若いからこそ流行を楽しむという事はとても大切です。

同じように30代、40代の大人の男性だからこそ似合う服があります。若い頃には似合わなかったけれど歳を取るにつれて似合うようになる服があるのです。

学生時代のファッションをずっと引きずるのではなく、今の年齢に合ったファッションにアップデートしなくてはいけません。

まずは80点の見た目を目指す

ファッションは誰かが教えてくれるものではありません。

友達が教えてくれるわけでも、店員さんが教えてくれるわけではありません。

そのため、オシャレになりたいと思ったら、まずは本屋さんにいったりサイトなどを見て参考にする方も多いのではないでしょうか?

ところが、そこに載っているのはどれも高い服ばかり、おまけにスタイル抜群のモデルさんがカッコ良く流行りの服を着ているのでなかなか自分自身が着ているイメージできないのではないでしょうか?

そのため、ファッション誌を読んで、「自分にはやっぱり無理かもしれない」と諦めてしまう人も少なくありません。ですが落ち着いて考えてみると、どんなファッションを目指しているのでしょうか?

ファッション誌に載っているようなオシャレ上級者でしょうか?

「そんなオシャレすぎなくてもいい」
「さりげなく好感を持ってもらえれば十分」
「清潔感のあるファッションに変えたい」

このような人が圧倒的に多く、自分の身の丈にあった自然体のオシャレを身につけたい人が圧倒的に多いです。

おしゃれすぎると逆にマイナスの印象に

自然体のおしゃれを実現するために必要な知識は、実はそんなに多くはありません。

一年で服を何十万円もかけられる人はごくわずかです。

そこまでお金をかけなくても、おしゃれになる方法はあります。

おしゃれすぎることは、かえってマイナスに働く事も多く、他人からすると必要以上に気を使ってしまう事も少なくありません。

また、女性の意見を聞くと、オシャレ過ぎる男性の好感度は決して高くはありません。

年齢によってはキザに見えてしますし、隣を歩くのがかえって恥ずかしいという意見もあります。

”男性のファッションは、清潔感があってシンプルがいい”

これが女性が思う理想の男性ファッション像です。

ですので、100点満点を目指すのではなく80点を目指しましょう。

オシャレな人はとことんオシャレですがそうでない人は50点にも満たない方が多いので、気合を入れ過ぎず80点の清潔感のあるシンプルなファッションスキルを磨いていきましょう。

~まとめ~

オシャレに関しての入口について今回はお話をさせて頂きましたが、まずはファッションに対しての意識についてです。

見て目を良くすることを難しいと考えている方も多いですが、そんなことはありません。

年齢に合った物を着ること、清潔感がありシンプルであること。

マリアップバナー1

意識することは沢山ありますがその心構えだけがあれば、まずは問題ありません。
文/中山裕貴(マリアップトレーナー)

(Visited 10 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

幸せになってもらいたい方にシェア!

コメント

コメントする

トップ
目次
閉じる