実践型マンツーマンの婚活トレーニングならマリアップ

実践型マンツーマンの婚活トレーニングならマリアップ

男性向け婚活トレーニングコラム

婚活で返事が来ない!メッセージが続かない男性の特徴5つとその対処法

マリアップガール

 

「いい感じだった女性から急に返信がこなくなった」
「毎日頻繁にラインをしていたのに、ある日を境に既読無視されるように…」

婚活サイトやマッチングアプリを使っていて、そんな経験をしたことのある男性も多いのではないでしょうか?

もちろん単純に忙しくて返事が遅れている場合もありますが、待てども一向に返事が返ってこない時には、こちらが送ったメッセージに原因があるかも。

そこで今回は、婚活サイトやマッチングアプリで「返事がこない…」とお悩みの男性に向けて【メッセージが続かない男性の特徴5つと、その対処法】をお伝えしていきたいと思います。

婚活で相手の女性から返事が来ない場合、男性側の原因として考えられるものは次の5つ。

・短文すぎる・長文すぎる
・タイミング・頻度が合わない
・返信しづらい俺通信
・返事を急かす追撃メッセージ
・短期間で距離を詰めすぎた

では、それぞれのケースについて、NGとされる理由と女性心理、対処法について詳しく見ていきましょう。

 

短文すぎる・長文すぎる

婚活におけるメッセージのやりとりは、相手と会話をしているのと同様、いわば言葉のキャッチボールです。

どちらか一方が怒涛のマシンガントークを炸裂させて、もう一方はひたすら相槌を打つだけ。そんな状態では、会話が弾んでいるとはとてもいえませんよね。

相手が時間をかけて綴った長文のメッセージに対する返信が「そうなんだ」「ウケるね笑」などのそっけない短文やスタンプだけ。

あるいは、会話のテンポを重視した短文のメッセージに対して、読書感想文のごとくだらだらと長い返事を送ってしまった。

そんな風に相手とのやりとりの文章量にあまりに差があると、
「この人とは何だか合わないかも…」「返信するのが面倒くさいな」
と、途中でフェードアウトされてしまうことも。

相手の女性に「この人とはフィーリングが合いそう!」と感じてもらうために、やりとりでは同じ速度・同じ大きさのボールで言葉のキャッチボールができているかどうか意識してみましょう。

 

タイミング・頻度が合わない

一般的に、女性はメールやラインをコミュニケーションの一部として重宝する傾向にあるため、業務連絡用のツールとして扱う男性よりも、やりとりのテンポや温度感を重視しがちです。

もちろん人によってちょうど良いと感じる連絡頻度は異なりますが、「メッセージではいつも即レスしている」という男性は要注意。

相手の女性があまり筆マメではない場合、向こうからのメッセージに毎回数分以内に返信する即レスが続くと、相手がプレッシャーに感じてしまうかもしれません。

また、「おはよう」「おやすみ」「疲れた〜」など、中身のないメッセージが一日に何通も送られてくることを煩わしく感じる女性も多数。

婚活市場において、女性はメッセージのやりとりを複数の男性と同時進行している場合がほとんどです。

その中で一歩リードするためには、返信のタイミングや頻度こそが意外なカギ。

相手の生活リズムを尊重しつつ、お互いが心地いいと感じるペースでやりとりすることが、メッセージを長続きさせるコツと言えますね。

 

返信しづらい俺通信

婚活サイトやマッチングアプリ上でやりとりする際に何よりも心掛けたいのが、『相手が返信しやすいメッセージを送ること』です。

その日にあった出来事や自慢話、自分のプライベートなどを延々と語ってしまう通称『俺通信』も、婚活では避けたい行為。

友達同士ならいいですが、「へえ、そうなんだ」としか返しようのないメッセージには、女性側も返答に困ってしまいます。

その結果、「まあ返信しなくてもいいか…」と後回しにされフェードアウトに繋がる恐れも。

自分語りはほどほどに、女性と共通の話題を見つけて適宜質問を振ってみましょう。

俺通信とは少し異なりますが、女性が話していることに対して「わかるわかる。僕もこの前さ〜」と自分の話題にすり替えてしまう『会話泥棒』もありがちな失敗です。

基本的に、女性はおしゃべりが好きな生き物。

相手に「話していて楽しいな」と感じてもらうためには、自分が話すことよりも、まずは相手の興味ある話題を引き出すことに専念するのが得策ですよ。

 

返事を急かす追撃メッセージ

こと恋愛においては、立場の弱いほう、つまり相手のことが気になっている人ほど、より頻繁に連絡したがる傾向があります。

「なかなか既読がつかないから」
「初デートから一日経っても返事がこない…」

そんな理由で「おーい」「忙しいの?」などと返事を急かしてしまうのは、最もやってはいけない行為ナンバー1。

これをやって女性側から明るい返信が来ることは、残念ながら百二十%ありません。

最悪の場合、マッチを解除されてしまったり、ラインをブロックされてしまったりと、取り返しのつかない状況に陥ることも…。

既読未読が不安な気持ちはわかりますが、返事を催促したり「どうして返事くれないの?」と質問攻めにしたりするのはやめておきましょう。

もし気になる女性に追撃メッセージを送りたくなっても、ぜひそこはグッとこらえて。単純に仕事や遊びに忙しくて、相手の返信が遅れているだけかもしれません。

ただし、連絡してから二、三日が経っても返信がない場合には、相手が返信するのを忘れていたり、メッセージが埋もれていたりする可能性もあります。

その場合には、改めて当たり障りのないメッセージを送ってみてもいいですね。

 

短期間で距離を詰めすぎた

自分語りも質問攻めにもしていないし、しつこく追撃メッセージも送っていないのに、なぜか相手からの返信が来ない。

そんな時は、距離の詰め方を間違えてしまったことが原因かもしれません。

「相手のことをもっとよく知りたい!」
「一刻も早く結婚相手を見つけたい!」

焦る気持ちばかりが先走って、相手のプライベートに踏み込みすぎてはいませんか?

短期間で距離を縮めようとする余裕のない態度は、勘の鋭い女性にも当然伝わってしまうものです。

婚活サイトやアプリでのマッチングは、あくまでも第一関門を突破しただけ。そこを勘違いしてしまうと、本来うまくいくものもうまくいきません。

例えば、最初のメッセージで住所や職場を聞かれたり、「付き合ったらどんなデートがしたいか」「子どもは好きか」などと突っ込んだ質問をされたりしたら、女性は少なからず警戒心を抱きます。

婚活パーティーやアプリといった出会いだからこそ、知り合ったばかりの相手に簡単に個人情報を教えることに抵抗のある女性も多いのです。

まずは人間関係を築くため、相手の信頼を獲得するために、会話のラリーを続けることから始めてみましょう。

さて、今回は、婚活で「返事が来ない…」とお悩みの男性に向けて【メッセージが続かない人の特徴5つとその対処法】についてご紹介してきました。

なかなか外出もしづらいコロナ禍で主流となってきたネット婚活。

マッチングアプリなどを活用したネット婚活がメインとなった市場では、メッセージでいかに効率的に距離を縮められるかが勝敗をわけます。

とはいえ、婚活で相手からの返事が来ない時に考えられる原因はほかにも…

・ネット婚活自体に疲れてしまった
・同時進行していた他の人と付き合った

など、こちらの努力ではどうにもならない理由で連絡が途絶えてしまうこともあります。

そんな時はあまり気に病まずに、「ご縁がなかったんだな」と気持ちに見切りをつけるのも大切ですよ♪

ネット婚活における自分の弱点をあぶり出してしっかり対策し、新たな出会いに繋げてくださいね。

文・深芳唯子 (元マリアップガール)

関連記事

その婚活、間違ってない?モテない男性がやりがちなNGアプローチ5つとその対処法

マリアップガール

婚活は受験と同じ!?努力で伸びる実践型婚活トレーニングの3ステップとは

クリぼっち

【2021年版】婚活初心者必見! 次のクリスマスまでに彼女を作る行動計画7つ

容姿や収入だけが原因じゃない? 婚活がうまくいかない男性の共通点5つ

ホームへ戻る