実践型マンツーマンの婚活トレーニングならマリアップ

実践型マンツーマンの婚活トレーニングならマリアップ

男性向け婚活トレーニングコラム

初心者向け着こなしの基本

着こなしに自信がない人は「全身カジュアル」はNG

「おしゃれが苦手」「コーディネートがうまくできない」といった悩みを抱えている人には、普段のファッションがカジュアル中心という共通点があるように思います。

まずは最初に気付くべきは「カジュアルファッションをおしゃれに見えるのは誰にとっても難しい」という大前提です。

例えば、Tシャツ+チノパン+スニーカーという定番のアメカジが目の前にあったとします。柄やサイジングを上手くまとめても、それが大人っぽくオシャレに組み合わせができるかは難しいです。

オシャレと一口に言っても、人によってその定義は異なりますが、多くの人は「清潔感がある」「上品な見た目」「大人っぽい」ファッションはオシャレを感じます。

その点を踏まえるて考えると、全身をカジュアルでまとめた人は、どう頑張ってもオシャレとは思われにくいのです。

ですのでまずは「ドレス2+カジュアル1」の組み合わせをお勧めします。

清潔感に上品さも加わり、多くの人はオシャレな印象を持ってもらえるはずです。

つまり、オシャレに見せる為には、まずは全身カジュアルをやめ、綺麗めなドレス寄りのコーディネートに変えることが近道です。

思い当たる人は、これまでのファッションに少しずつ綺麗めなドレスアイテムをプラスしていく事から始めましょう。

シルエットの基本はIAY3つだけ

見た目の印象は色や柄、デザイン、サイズ感、シルエットなど様々な要素の組み合わせで決まります。

「色やサイズ、デザインはおかしくないはずなのに全体がまとまらない」という場合は、上下のシルエットのバランスがチグハグになっているかもしれません。

ここでおさえるポイントはトップスとボトムスの幅のバランスです。

昔から、オシャレに見えるのは上下細身の「I」、ボトムスにボリュームのある「A」、トップスにボリュームのある「Y」の3つのシルエットと言われています。

つまり上下共にボリュームのあるスタイルはオシャレに見えるないのです。

揃えるアイテムの色は4+2色だけでいい

よくあるオシャレの雑誌や教材にはカラーチャートをもとにした、同系色配色や対照色配色などが解説されることが多いですが、細かなルールを知るとかえって不安になるのではないでしょうか。

オシャレに自信のない人は基本4色が「ブラック」「ホワイト」「グレー」「ネイビー」ということだけ覚えておけば間違いありません。

何故ならこの基本4色は、お互いにどの色と組み合わせてもはずしがなく、シンプルでかつ大人っぽくコーディネートすることが可能です。

シャツ、ニット、パンツ、シューズ、アウターなど、全てこの4色で揃える事がオシャレ上手への最短ルートとなります。

実は、スタイリストの個人的なクローゼットもこの基本の4色ばかりだったりします。

まとまらない時は色数を3色以内に抑える

雑誌などのプロのコーデを見て頂いても分かるかと思いますが多くのプロがスタイリング際にはコーディネートに用いる色数を3色までに抑えています。

どのスタイリストに聞いても「それ以上使う必要がないです。

寧ろ色を使えば使うほどオシャレからは離れていきます」と言います。

色数を抑える事は基本中の基本であり、特に意識しなくても自然にそうなっていく事は出来ます。

つまり色数を抑える事で、それだけでオシャレに見えて行くという事です。

色数を抑えた代表的なコーディネートがホワイト、ブラック、グレーから2色を使ったモノトーンファッションです。

モノトーン+細身のシルエットであれば、特別なセンスがなくてもオシャレに見せることが可能です。

ただし、モノトーンファッションに日々変化を加えながら着まわすのは、オシャレに見える半面、コーディネートにテクニックが必要になります。

そこで残りの基本カラーから何にでも合わせられるネイビーを加えた3色で着まわすのが、簡単に取り入れられるお手本コーディネートとなります。

コーディネートはボトムスから決める

ここまで着こなしの基本として、オシャレに見せる為のシルエットの構築とカラーの基本、組み合わせ方について書いてきました。

「コーディネートはどこから決めるのか」と聞かれたら、貴方はどう答えますか?

オシャレに自信ある方でも「まずは見せたいアイテムを決めてそれに合わせる物を決めていく」と答えますが、本当のプロは「ボトムスから決めた方が簡単で素早く決まる」このようにアドバイスを行っていきます。

ですのでオシャレに自信がない方も是非これを参考にしてみてください。

「ボトムスから決める」ことをオススメする理由は、コーディネートの中心でボトムスの占める面積が最も多くボトムスを土台と考えれば、その上にあるトップスは見た目の印象を左右する飾りです。

土台さえ先に決めてしまえば、飾りはいくらでも変えられます。

まずはボトムスを履いて、選んでおいたトップスを鏡の前で合わせてみる。

トップスをとっかえひっかえ合わせて今日の1着を決めていきましょう。

繰り返しますが、オシャレに自信がない人はコーディネートをボトムスから決めてみてください。

そうすることで合わせるアイテムのシルエットやカラーが絞られ、コーディネートを失敗しなくなります。

~まとめ~

今回はファッションに関しての基礎についてのオシャレとは何か、購入にあたっての疑問を解消していきました。

オシャレに自信のない方や苦手意識がある方のほうが間違った購入の仕方をしています。

最初の内は分からない事も多くあるかと思いますが、まずはボトムスから選んで頂き色合いもシンプルを基準に3色で絞りながら考えてみてください。

文/中山裕貴(マリアップトレーナー)

マリアップバナー1

(Visited 2 times, 1 visits today)

関連記事

見た目の魅力を上げる事難しく考えていませんか?

その婚活、間違ってない?モテない男性がやりがちなNGアプローチ5つとその対処法

オシャレになる為には色々試してみよう!

人は変われる

ホームへ戻る

Zoom婚活セミナー
LINEで簡単予約