「婚活では真面目男子がオラオラ男子よりモテる理由とは?最後は真面目な人が勝つ!」

(タップして動画を再生)

男性にもいろんなタイプの人がいると思います。

例えば、『肉食系男子』や『草食系男子』。

『オラオラ男子』や『真面目男子』、、、etc

ちなみに、この記事を読んでいる『真面目男子』のあなた。

『オラオラ男子』にはいつもかわいい女の子が周りにいて羨ましい…。

なんて思ったこと、ありませんか?

でも、あなたのその真面目さはとても大きな魅力なんです!

かのカリスマ ミュージシャンの矢沢永吉さんもこんな風に言っておりました。

「デビューからずっと変わっていない自分とは真面目さ。真面目な気持ちが最後は助けてくれる。」

↓真面目さについて語る矢沢永吉↓

TikTok
TikTokでぜんちゃん768さんをチェック! #矢沢永吉#LIVE#ビジネス #夢 #NHK

本日はそんな真面目男子の魅力を私なりに経験してきたことを踏まえて書いてみました。

今回も楽しみながら読んでもらえたら嬉しいです^^

村瀬ゆきこ

あなたはどっちのタイプ??

目次

オラオラ男子ってどんな人?

そもそも『オラオラ男子』ってどんな人の事を言うのでしょうか?

『オラオラ男子』の特徴 
・女子をグイグイ引っ張る強引さがある。
・ハキハキ堂々と自分の意見を言う。
・段取りが良くてリーダーシップがある。

タイプ的には『肉食系男子』とほぼ重なります。

自信に溢れて、リードしてくれて、服装や見た目もオシャレだったりするので女性にモテる要素が多いかもしれません。

前回のブログで私は離婚歴があることを書きましたが、元旦那はタイプ的にこの『オラオラ男子』でした。

オラオラ男子の『俺流被害』を受けた一度目の結婚

紹介で出会った元旦那は消防士で身長も高くてガタイも良くて、顔もイケメン。

見た目は元Jリーガー日本代表の長谷部選手…

が、ちょっと不機嫌になった感じ 笑

付き合っている時からグイグイ引っ張ってくれて、黙っていても何でもやってくれる。

そんなまさにそんな『オラオラ系男子』の男らしさに惹かれてしまったんです。

結婚して一緒に生活していくと人間は慣れから、気を使う事が無くなっていきます。

そうすると、隠れていた我の強さが目立ちはじめてきます。

イライラが顔に出る。気が短い。

自虐の冗談には馬鹿にされたと本気で怒る。

常に上から目線。

『オラオラ男子』は多分プライドの塊。

俺流が多くて、自分と違うと意見を認めません。

そして頭の片隅で男が上、女が下と思っています。

私たち夫婦の付き合い方を元職場の同僚に話したら、『それって、上下関係じゃん。』 と言われたのを覚えています。

元旦那は何でも自分でやる反面、自分で立てた計画が上手くいかないと機嫌が悪くなる。怒鳴る。

『。。。(黙っとくか)』で我慢する私。

そんな我慢を続けて、ある日突然。『家を建てるから』と言い出しました。

結婚してまだ2ヶ月ほど…。

私 『はぁ?』…まだ気持ちの整理がつかず、何度も喧嘩。それでも突き進む元旦那。

元旦那が勝手に建てた新居

『仕方ない』と、最終的にここは私が我慢したんです。

しかし一つ我慢すると、どんどん我慢する事が増えていきます。

ますます相手も『俺流』を絶対に曲げなくなっていきます。

ひたすら我慢の生活です。

もう家庭はつまらないから仕事しよう。とにかく仕事しまくりました。

どんどん自立して力を付けていく私を見て、『オラオラ男子』は卑屈になります。

自分の仕事がうまく行っていない時なら尚更。ひがみます。プライドが高いから。

ある日私が、たまには一緒に食事でも、、と元旦那を焼肉に招待。

その食事の席で私の仕事の話をした瞬間機嫌が悪くなり…どんどん眉間にしわが寄る。。。

家に帰ったら、『離婚だ』と離婚届を渡されました。『えぇぇ!! 焼肉奢ったのに??笑』

私、オラオラ男子は合わない

どうやら私が仕事を楽しむ姿が癪に障わったようです。

話し合いをしようにも、地蔵の様になってカッチンコチン。

まったく口を開きません。(この人岩か?笑)

もう笑うしか無いこの状況。

(大丈夫?この人??)

(自分の状況分かってる??)

(マジで焼肉代返せ。笑)

2週間経っても、1ヶ月経っても、無視。

『何で言う事聞けないんだ!』が彼の口癖でした。

昔元同僚に言われた『上下関係じゃん。』の言葉は当たっていました。

もう私も我慢の限界…もう無理…

そして破局、、、。

これだけ我慢重ねても嫌だって言われるなら、もーしゃんないわ!

手を振ってさよならしてきました♡解散〜♡

よく私が勝手に食べて怒られていた99円のしゅうまい 笑

最後に特大しゅうまいをたっぷりプレゼントしてきました!!♡笑

と、まぁ自分には合わないタイプの『オラオラ男子』と結婚をして、お互い我慢ばかりの結婚生活を送った8年間でした。

私も傷付いたけれど、私が元旦那の事を傷付けてしまったのも事実。

もっと結婚前に自分、相手を分析するべきだった… と。

そんな気づきをくれた元旦那には感謝もしています。

『成長させてくれてありがとう!』

彼にも次は自分に合った女性が、見つかっていたら嬉しいです^ ^

冴えなくて残念だった『真面目男子』との再会

その後、銀行員時代に私と元旦那の関係を『上下関係』と指摘してくれた同僚とひょんな事から再会する事に。

久しぶりに再会した彼は鬱病から復帰したばかり、、

というちょっと微妙なタイミングでした。

さらに彼が当時付き合っていた彼女からは『次の昇進試験を逃したら別れる』と言われているとのこと。

『試験に受かったら付き合うが、落ちたら別れる。』…う~ん。笑 

考えてみれば彼、私がこれまで5人くらい女の子を紹介するも、付き合ってすぐフラれる。

とにかく女性を引っ張るのが苦手で、いつも何かが抜けてる残念な人…。

いつも、私は彼の世話を焼いていましたが、万に一つもこの人と付き合うなんて考えたことはなかったです。

しかし運命のいたずらとはこのこと。

私はこの彼と再婚することになります。

成長した『真面目男子』には魅力がいっぱい

『オラオラ男子』とは正反対の『真面目男子』の彼。

お人好しで正直者。競い合うのも苦手だし、平和主義。

女の子にはそんな彼の優しさが頼りなさに見えてしまうのでしょう…。

彼も私も、絶対に恋愛対象になる事なんてあり得なかった。でも、何故私が彼に惹かれたのか、、。

鬱病の時支えてくれた上司や同僚、両親への感謝の気持ち。

仕事への熱い気持ちや今までの仕事への姿勢を反省する気持ち。

感謝も反省も出来るんだ…この人。変わったなぁ…。そう感じました。

『成長した彼』に惹かれたんです。

そして私の過去も全部そのまま受け入れてくれる彼の姿勢。

元々はただの同僚だった私達は、お付き合いする事になりました。

そして、彼のご実家にお邪魔させていただいた際、両親の明るさ、兄弟仲の良さを見ました。

そして、飼い犬メルちゃんの可愛さ♡

初めて私が彼の家に挨拶に行ったときも、

私の訪問をしっぽを振って全力で喜んでくれました。

旦那の実家のメルちゃん

私の子供時代の両親の関係、喧嘩ばかりの冷たい家庭とは全く違い、温かい雰囲気でした。

そんな彼の内面、彼の素敵なご家族に惹かれ、彼との結婚を決めたと言う訳です。

結婚後も旦那は、結婚前と何も変わることなく、平和な日常を過ごしております。

『真面目男子』の魅力をアピールしよう

ただ、人の内面を初対面のお見合いやデートの短い時間で行うのは難しいですよね。

例えば、もし彼との出会いが『お見合い』だったら、私は彼の魅力に気づけていたかどうかは微妙なところです。

また彼もお見合いで上手く自分の魅力や長所を伝えることはできないと思うのです。

おそらく私が彼とお見合いをしたらこんな印象で終わっているでしょう。

(旦那の印象)
 アピールもないしどんな人か分からないな~
 人は良さそうだけど自信がなさそうだな~
 いまいち話が面白くないな~
 私のことあまり興味なさそうだな~

だからこそ婚活では最初のお見合いからスムーズにコミュニケーションをとり、いかに自分の内面を伝えられるかが重要になってきます。

マリアップではマンツーマンで会員さんのキャラ設定やエピソードトークを一緒に考え、魅力を伝える為の準備とアウトプットのトレーニングをしています。

そうした準備って本当に大切だと思います。

周りの大多数が良い人だと言っても、いくら年収や外見など、条件が良くても、自分には合わないタイプって女性にも必ずいますから。

だからこそ自分の良さを理解して、『オラオラ男子』とは違った、『真面目男子』の魅力をもっと出していきましょう。

『真面目男子』には女性を幸せにできる要素がたくさんあります!

しっかりと初対面のお見合いやデートでも相手にその魅力を伝えられるようにトレーニングしてみましょう。

真面目って素敵な魅力ですよ(^^)♡

文/マリアップ婚活サポーター 村瀬ゆきこ

(Visited 107 times, 1 visits today)

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

幸せになってもらいたい方にシェア!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

もともと自身も極度のコミュ障だった経験からコミュニケーションに悩む人の力になりたいとマリアップ婚活サポーターになる。今では底知れぬポジティブさがトレードマーク。愛知県出身。婚活サポーターの活動を続ける傍ら、小学校の音楽の非常勤講師とヨガのインストラクターとして活動。

コメント

コメントする

目次